電話占いサイトを利用するということのハードルを自分自身で高くしないように気を付けましょう

電話占いは、相談室のようなものです。占いを使って解決したり、相談事に対応したりする所です。駆け込み寺のようなイメージです。良く、トレンディなファッション雑誌の占いを特集した時などは必ず広告で電話占いが出ています。そして占いの雑誌でも雑誌の後方にいっぱいの電話占いの企業の広告が出ています。

どれが良いのかとか迷うくらいに載っている時もあります。電話占いの他にも祈祷などの広告や何か占いに関連付けた広告もあるので怪しい広告と間違えないようにしたいです。でも大抵は電話占いは何か売りつけたり何かを買わそうと企んだりするのは一切ありません。

言葉でブレスレットは効果あるよとかこのお寺でお参りしたら開運になるとか言うことはありますが、これはあくまで占い師の個人のアドバイスだけなので別に従う必要もなく、興味があれば詳しく聞いたら良いことです。ブレスレットや水晶も販売はしているところも多いですが、売るのに口説いて来るところは一切ありませんでした。

必要ならば売っているのもあって取り扱いもしているよと言った感じです。電話占いは、危ない勧誘の場所でも無くて、ただ単に相談を占いで解決する場所です。でもイメージが取れずに占いに電話しているという後ろめたい気持ちもあるのは、悩み事があると言うのを人に知られるのがかっこ悪いと言った感じでしょう。

電話占いは宗教団体でもなく、一般企業なので本人が必要ならば対応して、不必要ならば勧誘のお誘いもありません。開運に導く為にアドバイスだけなので当たるか外れるか、そして信じるか信じないかは、本人の動き次第です。